大阪府/熊取町

アトラクト設計工務

戸建てリノベーション

Y邸|72.49㎡|ご本人+お子様1人

外を感じながら明るく風通しよく、コンパクトに暮らせる家に – Y邸

  • 無垢フローリングの床に生成りの壁、家具や照明はシンプルなデザインのもので統一。リビングとテラスをフラットに繋ぎ、内と外を曖昧にすることで実面積以上の広がりを確保した。

  • 食器はもちろん、レンジやトースターなどの家電まですっきり収まるカップボードやベンチを兼ねたテレビボードなど、シンプルかつコンパクトな造作収納も魅力の住まい。

  • オリジナルで製作したキッチンは、足元に既製の収納ユニットやゴミ箱がぴったり収まるよう計算してデザイン。機能性はもちろん、デザイン性やローコストにも貢献している。

  • 独立していたキッチンスペースをリビング・ダイニングと繋いでオープンに。キッチン自体も小ぶりなものからL字型のワイドなものに変更。シンク側の壁に窓を設置し、見通しも確保した。

  • キッチンから最短距離でアクセスできる洗面スペース。木のカウンターにベーシックなシンク、洗面台は無駄を削ぎ落とし、シンプルなデザインでコンパクトにまとめた。

  • 廊下からウォークスルーのクロゼットを介して繋がる書斎。共有スペースとの間に収納を挟むことで、落ち着いて作業ができる空間になっている。床にはサイザル麻を使用した。

  • 北側にある書斎からクロゼット、廊下、リビングを介して南側のテラスに目線が抜けるよう設計されている。

30坪弱の土地に建つ木造2階建て住宅をフルリノベーション。設計のコンセプトに据えたのは、「狭小地でも明るく、風通し良く、コンパクトに暮らせる住まい」。独立していたキッチンをリビング・ダイニングと繋いでオープンな間取りに変更。さらに、リビング・ダイニングの南側に増築されていた部屋をなくしてデッキテラスを新設し、LDK全体で光を共有できるようにした。建具はすべて上部がガラスになっているためテラスから取り込んだ光はLDKのさらに奥まで。また、北側の書斎から南側のLDKまで動線を直線で結び、風通しと目線の抜けも確保した。オリジナルで製作した造作収納も特徴的。家電まですっきり片付くカップボードにベンチを兼ねたテレビボード、ひとつの収納に複数の機能を持たせることで暮らしがよりシンプルに。築40年を超える古い木造住宅が設計の力で内と外の繋がりを感じながらコンパクトに暮らせる住まいに生まれ変わった。

【 スタッフからのコメント 】

Array

代表

一級建築士

林 正一さん

改修前の住まいは、間取りが細かく区切られ、どこか暗い印象。特に1階部分は、南側に増築されていた部屋によって光が完全に遮られていました。LDKを一体にし、増築されていた部屋をなくしてデッキテラスに変更したことで南側から取り込んだ光が住まい全体で共有できるように。生活動線も直線的に改め、風通しと目線の抜けも確保しました。不安のあった構造はしっかりと補強。断熱性も冬に結露が出ない程度にまで高めています。

お客様の声

いつも目線の先に外があって気持ちいい 実面積以上に広がりを感じる住まいです

家事のしやすさや収納の使い勝手、親子2人での生活にちょうどいいサイズ感など、最初のプランから本当に私たちの暮らしを考えてくださっているのを感じました。光の導き方や風の通し方、構造や断熱のことなど、専門的な話もちゃんと解説してもらえたので安心してお任せできると思って。迷わず依頼することに決めたんです。生まれ変わった空間もすごく気に入っていて、いつも目線の先に外があって気持ちいいですね。最初に平面図を見たときは「少し狭いのでは?」と思いましたが、住んでみたら全然。想像していた以上にゆとりがあります。断熱をしっかりと施していただいているので冬も快適。耐震性も高めていただき、安心して暮らせています。

物件情報

・施工社名 アトラクト設計工務
・敷地面積 72.49㎡
・延床面積 72.49㎡
・構造・構法 木造軸組
・竣工 2017年12月
・施工期間 約3ヶ月

その他の施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。