大阪府/高槻市

株式会社小林工務店

「これまでの“常識”にはとらわれず、心地よさを追求し自由に発想を広げたい」

「これまでの“常識”にはとらわれず、心地よさを追求し自由に発想を広げたい」

二級建築士

江藤 雅子さん

自然豊かな徳島県の、山と川のはざまで生まれる。インテリアの専門学校で学び、設計事務所に勤めながら二級建築士を取得。結婚を機に大阪に居を構え、小林工務店に入社。リフォームから新築まで、幅広く住まいづくりを手掛けている。

家づくりにおいて、設計士として最も大切にしているは、施主様の思い描くイメージをしっかりとカタチにすること。お客様のご要望は漠然としたものも多く、そのほとんどは断片で、バラバラのパズルのピースのよう。それらをつなぎ合わせひとつのカタチにするのは、住む人一人ひとりの個性や感性、ライフスタイルです。だからこそヒヤリングにはたっぷりの時間をかけ、この家に住まう人はどんな方なのか、どんな暮らしを望んでおられるのをまず理解します。そして、一つのポイントを見つけたらそこからイメージを広げ、具体的なパース図をもとに話し合い。「思ってた通りの住まいになった」と喜んでいただけるときは本当に嬉しいですね。これまでの日本の住宅は、玄関とか廊下、水廻りなどが分断され、隅に追いやられているものが多かったように思います。そんな“常識”にとらわれず、住まいのどこにいても、どんな時間でも心地よく過ごせるよう自由に発想を広げていきたですね。

施工事例紹介

履歴

    履歴がまだありません。