大阪府/茨木市

ライフプラスハウス(ライフプラス大阪)

「追求し続けるのは施主さんファーストの家づくり」

指定 来生

コーディネーター・アドバイザー

指定 来生

1960年生まれ。異業種のサラリーマンを経て建築、不動産業界へ。32歳の時に一級建築士とともに『ワイズホーム』を設立。社員も施主さんも家族のようなアットホームな社風は、岩本社長の人柄を反映している。探求心が強く、知らないことはついとことん本格的に調べたくなってしまう性格。

柔和な笑顔に何でも相談したくなる岩本さんは、まるで父親のように頼れる存在。「わかりやすさ」を意識し、打合せではほとんど建築の専門用語を使わない。それでいて、性能や家づくりのポイントを、素人でも納得できるように説明してくれる。初めての家づくりで戸惑い、しばしば膨らみすぎてしまう施主さんの夢を「等身大の快適な暮らし」へと導く手腕は見事だ。
「対話を進めるうちに、本当に必要なものは何かお客さま自身が目覚めるようです」と岩本さん。こうして導き出された答えを予算内で叶えるために、常に工夫を怠らない。
その情熱で、唯一無二の暮らしを提案してくれる。

住まいのプロの仕事内容

  • 初めての家づくりを成功に導く
    「失敗しない賢い家づくり勉強会」

    業界の最前線で活躍する「SIMPLE NOTE」の住宅デザイナー、クリエイティブ・ディレクターの建築士・平尾卓氏を講師に招いた勉強会を毎月開催。憧れの住宅を手に入れるための資金計画に関しては、佐野さんがしっかりとレクチャーしてくれる。疑問や悩みは人それぞれ。個別相談の丁寧な対応がわかりやすかったと、先輩施主さんの評価も高い。

  • 初めての家づくりを成功に導く
    「失敗しない賢い家づくり勉強会」

    業界の最前線で活躍する「SIMPLE NOTE」の住宅デザイナー、クリエイティブ・ディレクターの建築士・平尾卓氏を講師に招いた勉強会を毎月開催。憧れの住宅を手に入れるための資金計画に関しては、佐野さんがしっかりとレクチャーしてくれる。疑問や悩みは人それぞれ。個別相談の丁寧な対応がわかりやすかったと、先輩施主さんの評価も高い。

施工事例紹介

Q&A 住まいのプロに質問

プロにとって家づくりとは?
お客さまを最大限に理解して、その家族に合わせた住まいをつくることです。家は単なる器ではありません。お客さまが主役となって、子育て、休養、食事、くつろぎなど、暮らしのすべてが営まれる場所です。自由性を大切にして、そのご家族らしい暮らし方をサポートしたいと考えています。
質問が入ります。
お客さまを最大限に理解して、その家族に合わせた住まいをつくることです。家は単なる器ではありません。お客さまが主役となって、子育て、休養、食事、くつろぎなど、暮らしのすべてが営まれる場所です。自由性を大切にして、そのご家族らしい暮らし方をサポートしたいと考えています。

質問が入ります。
お客さまを最大限に理解して、その家族に合わせた住まいをつくることです。家は単なる器ではありません。お客さまが主役となって、子育て、休養、食事、くつろぎなど、暮らしのすべてが営まれる場所です。自由性を大切にして、そのご家族らしい暮らし方をサポートしたいと考えています。
質問が入ります。
お客さまを最大限に理解して、その家族に合わせた住まいをつくることです。家は単なる器ではありません。お客さまが主役となって、子育て、休養、食事、くつろぎなど、暮らしのすべてが営まれる場所です。自由性を大切にして、そのご家族らしい暮らし方をサポートしたいと考えています。

履歴

    履歴がまだありません。