グラデン/有限会社グラデンパシフィック / Y邸 / 戸建てリフォーム

グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_ダイニング_645.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_ダイニング_646.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_ユーティリティ_647.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_キッチン_648.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_ユーティリティ_649.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_ユーティリティ_650.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_玄関_651.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_洗面_652.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_その他_653.jpg
グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_リビング_654.jpg

キッチンは料理しながらコミュニケーションが図れる対面式。キッチン背面にある部屋間をつなぐ窓からもたっぷり光が入る爽やかなダイニングキッチン。

キッチンの角にあたる、出し入れしにくい収納スペースは、ダイニング側の収納として活用。オリジナルキッチンを作るグラデンならではの工夫。

キッチン(右写真)背面の窓を挟んだ反対側は、廊下に設けられたワークスペース。背後には窓下のチェスト(収納)があり、家事の合間のちょっとした作業に便利。各引戸を閉めてしまえば、廊下というよりは独立したワークスペグラデンースといった雰囲気に。

料理しやすいコの字型のキッチン。体の移動は少なく作業スペースは広い。キッチン扉は丁寧に面取り、自然塗装されている。明るい雰囲気とヴィンテージアパートメントテイストの渋さが見事にバランスしている。

パブリックとプライベート、外と内をつなぐ土間空間。玄関から連続して、色にこだわったタイルが敷き詰められている。ご主人の趣味であるDJブースが片隅に。「クール&ウォーム」という、この家のデザインテイストを象徴する空間。

パブリックとプライベート、外と内をつなぐ土間空間。玄関から連続して、色にこだわったタイルが敷き詰められている。ご主人の趣味であるDJブースが片隅に。「クール&ウォーム」という、この家のデザインテイストを象徴する空間。

増築して、明るく広く大量収納を備える玄関。奥さまの靴・ブーツも完全に収納でき、すっきりとした空間に。中間色の色目が映える。外からの視線を避けつつ、今回のリフォームテーマの一つ「抜け感」を実現。窓の設置で、扉を閉めてなお光に満たされる。

ゲストが使用しやすい位置にパウダールームを設置。トイレ・手洗いだけでなく、身支度を整えられるホテルライクな仕様

間取りや動線だけでなく、ディティールにもこだわりが。例えば、ワークスペース背後の窓下チェストはファブリック仕上げ(左写真)。施主の好みを洞察して、期待以上の提案を行う。

グラデン/有限会社グラデンパシフィックの最新事例

グラデン/有限会社グラデンパシフィック_ぐらでんぐらでんぱしふぃっく_リビング_606.jpg

この事例をみた人はこんな事例もチェックしています