株式会社サンリフォーム / T邸 / マンションリフォーム

life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg-1602.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg-1602.jpg-1605.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg-1602.jpg-1605.jpg-1604.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg-1602.jpg-1605.jpg-1604.jpg-1606.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg-1602.jpg-1605.jpg-1604.jpg-1606.jpg-1601.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg-1602.jpg-1605.jpg-1604.jpg-1606.jpg-1601.jpg-1603.jpg
life_plus_web-simple_house-ribingu-mukuzai-1608.jpg-1607.jpg-1602.jpg-1605.jpg-1604.jpg-1606.jpg-1601.jpg-1603.jpg-1609.jpg

マンションの規定上、無垢フローリングが使用できなかったことから床をカーペット敷きにし、空間全体を落ち着いた色目で統一。キッチンの隣には、オープンなパーテーションで緩く仕切った奥さま専用のメイクスペースも。

セパレートタイプのキッチン。天板と壁、レンジフードをステンレスで仕上げてモダンな印象に。

無垢フローリングにできなかった分、壁を使って木の印象をプラス。キッチンの腰壁はラワンベニヤでディスプレイがある壁は足場板。

ご主人専用の趣味スペース。奥さまのスペースとは違い、高めの壁でしっかりと仕切って趣味のゲームや音楽がゆったり楽しめるように。

白いボウルと鏡の組み合わせでシンプルに仕上げた洗面化粧台。足元や可動式の棚に並んだ籠もインテリアの一部。

メイクスペースのパーテーションの色は最後まで悩んだというTさん。「最初は黒も考えていたのですが、全体のバランスを考えてブルーグレーを選びました」。

ラフに仕上げた足場板の壁に合わせた黒のブラケットはハコリノベの提案で。インダストリアルな雰囲気が空間のイメージにぴったり。

イメージしたのはモダンな雰囲気に素材感をプラスしたブリティッシュスタイルの空間。海外のアパートメントのような住まいを目指した。

家具や照明、雑貨、インテリアなどのほとんどは生まれ変わった空間のイメージに合わせて新しく購入したそう。

株式会社サンリフォームの最新事例

life_plus_web-simple_house-ribingu-kokuban-1542.jpg

この事例をみた人はこんな事例もチェックしています