株式会社小林工務店 / N邸 / 戸建てリフォーム

株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_ユーティリティ_748.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_その他_749.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_その他_750.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_子ども室_751.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_子ども室_752.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_ロフト/小屋裏収納_753.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_ロフト/小屋裏収納_754.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_ダイニング_755.jpg
株式会社小林工務店_こばやしこうむてん_手洗い_756.jpg

廊下を兼ねたフリースペースには、壁面を利用したオリジナル造作本棚を設けオシャレなカフェの雰囲気に。LDKや子ども部屋ともつながり、家族みんなが自由に使えるくつろぎコーナーになっている。

子ども部屋ロフトの床にあたる天井は、mm単位までサイズを計算した格子で強度とデザイン性の両面を追求。緻密なこだわりと技が、シンプルな空間に味わい深い表情を生み出す。

階段を上がりきった位置にある格子の飾り壁。

隣同士並ぶ二つの子ども部屋。ドアと壁を敢えて白にして、圧迫感を解消。ドアを開け放てばフリースペースともつながるので、さらに空間に広がりが。図面を見て「狭い」と言っていた子どもたちも、実際に見ると一言も「狭い」とは言っていないという。

階段側に面した子ども部屋には、室内窓を設置。ホールの窓から光と風を取り込めるので、圧迫感や狭さを解消しながら心地よい空間に。

上下に空間を広げるロフトは、可動式の階段で移動。下は勉強スペース上は寝室スペースと使い分けることで、小さな空間ながら十分な広さを実感。

「もう一部屋」と言ってもいいほど、広々としたロフトスペース。もともとあった小窓からロフトへ光を取り入れ、明るさはしっかり確保。

天井と壁を漆喰、床を無垢で仕上げた広々と快適なLDK。小窓の下にモザイクタイルをあしらって、シンプルな空間にデザイン性をプラス。天井を高くし、もともとあった梁を生かすことで、個性的な表情を生み出している。

天井まであった袖壁を一部木格子にすることで空間が広がり、光も奥まで届くように。

この事例をみた人はこんな事例もチェックしています