Life+WEB logo

自分らしい「暮らし」発見マガジン LIFE PLUS WEBが、
皆様のこだわりの家づくりをサポートします。

ゆいまーるClub

no_image
住所 〒530-0043 大阪市北区天満3-9-18
電話番号 06-6354-5151
HP http://yui-maru.net/
駐車場 P無し
営業時間 9:00-20:00
店休日 水曜
資格・許可番号
  • 建築業許可番号/大阪府知事認可(般-25)第131016号
施工可能エリア 兵庫県   大阪府  
施工対応 マンションリフォーム   戸建てリフォーム   注文住宅  


ゆいまーるClub の最新事例

家族の真ん中に、掘り炬燵仕様のカウンター

Interview

大栄住宅株式会社 / ゆいまーるClub 代表 加藤 栄さん。 宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー、電磁波測定士、 健康な暮らしアドバイザー資格取得。

profile

2008年、住まいづくりの夢を叶えるプロとして会社を設立し、新築・リフォーム・リノベーションなど幅広く手掛ける住空間創造 ゆいまーるClub。未来を見据えた環境循環型住宅<ワンプラネットハウス>を提案する大阪唯一の企業として、本当に豊かな暮らしの在り方を追求している。

concept

「暮らしの質を高める地球に正しい家づくりで

お客様の夢を叶え、本当の豊かさをお届けしたい」


“ゆいまーる”という言葉に込めたお客様への想い

「ゆいまーる」とは、「結びつき」や「助け合い」を表す沖縄の言葉。「ゆいまーるClub」という名前には、家づくりに対する加藤社長の想いが込められている。

 「家づくりは、一人の力でできることではありません。そこには設計、技術などさまざまな人の想いがあり、それらが結び合わさることで住まいを創りだす大きな力となる。何より、家づくりで大切なのは、住まう人の想いに寄り添い、作り手がお客様と心を一つにして取り組んでいくべきもの。会社を立ち上げた時に真っ先に思い浮かんだのが、私の出身地である沖縄のこの言葉でした」そんな加藤社長の想いをカタチにしたゆいまーるClubでは、創業当時から性能やデザインはもとより素材一つひとつに徹底的にこだわり、質の高いオリジナルの住まいを提供し続けている。つねにテーマとしてきたのは、お客様の夢をしっかりと叶えること。2016年にはその想いも新たに、“住まいづくりは想いづくり”というコンセプトを設定。スタッフ全員と改めて共有しあい、住まう人に寄り添う心のこもった家づくりを展開している。


目指すのは地球1個分の暮らし。地球に正しい家づくりを

しかし、ゆいまーるClubの特徴はそれだけに止まらない。加藤社長が次のステップとして目指すもうひとつのテーマが、全国14社が協力して展開する環境循環型住宅『むくむくはうす』の取り組みだ。
「技術が進化し便利に、快適になった現代の生活。それをこのまま続ければ、2030年には地球がもう1個必要になるとWWF(世界自然保護基金)が提唱しています。つまり、私たち人類が使う資源はそれらが回復するスピードを上回り、今、深刻な枯渇と温暖化をもたらしているのです」と加藤社長。
環境循環型住宅<ワンプラネットハウス>が目指すのは、地球1個分の暮らし。環境保護のキーワード、リサイクル(再資源)・リユース(再利用)・リデュース(ごみを減らす)の3Rに、リターン(地球に還す)を加えた4Rをもとに、“地球に正しい”家づくりを行おうとするものだ。
創業時から住まう人の健やかで豊かな暮らしを追求し、自然素材にこだわり抜いてきた加藤社長だからこそ、100年先の未来、次世代まで受け継ぐ住宅を考えた時に、住宅というひとつの空間のみならず、人類が暮らす地球を守りたいという想いに行き着いたという。
「そのために、まずは生活のエネルギーを1/2にすることが目標。光や風を計算した住宅のカタチをはじめ、優れた調湿効果を発揮する自然素材もそのためのもの。地球に正しい家づくりは必要とする資源を最小限に抑え、ひいては住まう人にとっても心地よく体にも優しい安心して暮らせる家にすることができるのです」


提案するのは、質の高い本当に豊かな暮らし方

大阪では、唯一ゆいまーるClubのみが参加している『むくむくはうす』。2016年には初となる都市型モデルを大阪市阿倍野区に建設。2017年からは加藤社長の故郷である沖縄でも展開をスタートした。また、大阪天満にある築50年の民家をリノベーションした同社事務所も、自然素材を使った健やかな空間や宅建業法上建て替えのできない狭小立地での家づくりの工夫が詰まっており、より良い住まいを求める人にとってアイデアの宝庫となっている。
「なかでもぜひ体感していただきたいのが、無垢や珪藻土などの自然素材。当社がこだわっている稚内産の珪藻土は、細孔の大きさが一般の珪藻土と比べて小さく吸放湿性が優れて高い。人間が最も快適に過ごせる湿度40~60度を自然にキープするのでダニ・カビの発生も抑え、心地よさと健康の両方を叶えます。また、環境先進国・欧米で進んでいる電磁波対策のオールアースなど、暮らしの質を高めるためのさまざまなアイデアをご用意しています」と加藤社長。
「私たちがお客様にご提案したいのは、ただ“箱(建物)”をつくるのではなく暮らし方そのもの。本当に質の高い豊かな暮らしを、お客様と一緒に創り上げていきたいですね」と語ってくれた。

a