大阪府/北区

リノブルーム(阪急阪神不動産株式会社)

マンションリノベーション

S邸|81.6㎡|ご夫婦

クールな壁付けキッチンを中心に、快適動線が広がる暮らしやすい家 -S邸 

  • 深い木の色とクールな黒、柔らかな白が見事なバランスで調和するダイニングキッチン。壁面を活用できるワイドな壁付けだから大容量の収納も可能。作業台のカウンターも使い勝手バツグン。

  • 通路側にあった洋室をなくし、大容量のシューズクロークを設けた玄関土間を実現。もともとあった窓が光と風を取り込み大活躍。かさばるブーツやご主人の趣味の自転車、釣り竿もスッキリ収納。

  • 土間とつながる一角に、在宅ワークが多いご主人のための書斎コーナーを設置。小さな室内窓を設けることで玄関土間の窓からの光と風を通し、外の景色を眺めることもできる。

  • キッチンと隣接する水まわりコーナー。もとは壁だったが直接行き来できるよう2wayに。コンパクト動線で毎日の家事をスムーズにするだけでなく、明るさや可能感もプラスする。

  • リビングから見たキッチン。廊下と仕切る左手の大きな木の吊り戸は、開け放しても壁の一部としてアクセントになるよう個性の強い木目を選択。右手にある木のルーバーが程よい目隠しに。

  • ダイニングの隣は、リビングからクローゼットを通って寝室まで直通できるウォークスルー。寝室はインナーバルコニーともつながり、大きな廻遊動線を描く。日々の生活も最短移動で快適に。

  • 共働きで日中留守にするため、室内干しができるようインナーバルコニーを設置。床にはお手入れが楽な石畳調タイルを敷き、ダイニングと程よくゾーニング。緩やかに外とつながり広がりを感じさせる。

  • ダイニングとインナーバルコニーの間仕切りには、アイアンの枠に大きな一枚ガラスをはめ込んだ吊り戸を採用。さりげない部分にもこだわることでオシャレ感や高級感を生み出している。

共働きで忙しい日々を送るSさんご夫婦。家事の負担を減らし、ゆったりと日々を過ごせる住まいづくりを「中古×リノベ」でスタートさせた。家づくりにあたり、一番大切にしたのが、日々の生活を快適にするための動線と収納だ。特に住まいの中心となるキッチンは、料理好きの二人のこだわりが満載。最初はカウンターキッチンをご希望だったが、同社はより広々と使える壁付けキッチンを提案。機能面だけでなくカラーや素材にもこだわり、オシャレで居心地の良い空間に仕上げた。さらに、キッチンからの水廻り、クローゼット、ベランダの動線をコンパクトかつスムーズに。ダイニングの窓側には寝室ともつながるインナーバルコニーを設置し、水まわりから洗濯物を運んで干し、取り込んだものをクローゼットに収納するという効率的に動ける動線を実現した。“家事負担の軽減”をコンセプトにした無駄を省く空間設計で、暮らしやすさだけでなく、スッキリとした機能美を生み出している。

【 スタッフからのコメント 】

Array

チーフディレクター

佐々木 優吾さん

S邸の家づくりのテーマは、家事の負担を取り除き暮らしを心地よく快適にすること。収納を設けるにしても、ただたくさんモノを仕舞える場所を作るのではなく、日々の行動や動線を考えた上で、どこにどんなスペースが必要かを想定。間取りプランも同様に、ご夫婦のライフスタイルをしっかりとヒヤリングした上で、双方にとっての理想的な空間づくりを追求しました。また、空間を間仕切る木のルーバーや随所に設けた造作棚など、熟練の大工による丁寧な仕事で、住まい全体に上質さと高級感を醸し出しています。

お客様の声

「家が完成した後も、長く安心して任せられる頼れるパートナーです」

当初は新築戸建てを中心に考えていたのですが、予算との兼ね合いで思い通りの家を手に入れるのは難しくて……。たまたま参加したリノブルームのセミナーでコストを抑えつつ、注文住宅と同じように間取りや設備を自由に決められる「中古×リノベ」を知りました。阪急阪神不動産にお願いしたのは、その後のアフターサポートもしっかりしており、長く安心して暮らせると思ったから。もちろん家づくりにおいても豊富な経験と実績をベースにした情報力や提案力で、こちらの想いや要望に一つひとつ丁寧に応えてくれましたね。床材や壁の色で夫婦の意見が分かれた時にも、絶妙なバランスを図って双方の満足を追求。暮らしやすさだけでなく、デザイン性においても納得以上の住まいになりました。

物件情報

・施工社名 リノブルーム(阪急阪神不動産株式会社)
・延床面積 81.6㎡
・構造・構法 鉄筋コンクリート
・竣工 2019年1月
・施工期間 2.5ヵ月

その他の新築施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。