兵庫県/西宮市

株式会社ベルハウス

注文住宅

M邸|147.55㎡|ご夫婦+お子様3人

太陽の光を巧みに取り入れた空間で、子供たちがのびのびと育つ家 -M邸-

  • ガルバリウムの黒と自然木の色が美しいコントラストを描くM邸の佇まい。季節ごとに角度が変わる陽射しを計算し、光を巧みに採り入れるパッシブデザインとなっている。

  • 壁と天井には漆喰、床には香りの良い赤松の無垢材を使用した1階LDK。呼吸する自然素材をふんだんに使うことで自然に調湿を行い、エコで快適な空間をつくりだしている。

  • テレビボードを配した壁には、さまざまな木を使ったアクセントボードにしてデザイン性をアップ。一つひとつ大きさや色の異なる木片を手作業で貼り合わせる細やか仕事が光る。

  • 夏は深い庇が太陽光を遮り、冬にはたっぷりと光が降り注ぐパッシブデザインを施したM邸。漆喰や無垢材など自然素材との相乗効果で、健やかで心地よい空間を実現する。

  • リビングの大空間にアクセントを添える鉄骨階段。蹴込みのないオープンなデザインなので、光を遮らず明るさをキープ。住まいに豊かな表情を添えている。

  • 子どもたちの勉強スペースでもあるLDKの畳コーナー。小上がりが椅子代わりになり、キッチンとの間仕切り壁に開けた小窓でママとの会話もできる。畳の下は収納として活用。

  • 玄関ホールに設けた手洗いコーナー。奥にあるのはシューズクローク。帰ってすぐに手洗いができるうえ、お客様にも生活感の出やすい洗面ではなく気兼ねなく使ってもらえる。

  • 2階の天井部分を活用して設けたロフトは、子どもたちのオモチャコーナーに。奥様の家事をラクしにて、子どもたちには楽しい秘密基地を提供。将来、壁を設け個室にすることも可能。

集合住宅にお住まいだったMさんご夫婦。気をつけていても階下への音や振動が気になるところ。「子どもたちに我慢させず、思いっきり走り回らせてあげたい」と、新築を決意。“無添加住宅”や“健康に良い家”をキーワードに探し出したモデルハウスや完成見学会を徹底的に見てまわり、そのなかで一番「気持ち良い!」と感じたのが同社だったそう。
ご夫婦が最もこだわったのは、どこにいても家族の気配を感じられ、お互いの顔が見えること。そこで、1階を家族や友人が集まるオープンスペースとして広々としたLDKを配し、2階を生活スペースとして寝室や子ども部屋、水まわりを配置。住まい全体に太陽の光を届けるのは、南側に設けた大開口。冬と夏の日差しの角度を緻密に計算することで冬温かく夏涼しい環境をつくりだすパッシブデザインを駆使し、子どもたちがのびのびと育つ住まいを実現。細部に至るまでこだわりをカタチにし、笑い声の絶えない明るい住空間が誕生した。

【 スタッフからのコメント 】

Array

代表取締役

山城 則雄さん

1階を家族や友人が集まるオープンスペース、2階を生活スペースと、コンセプトを明確にすることでそれぞれの快適性を追求したM邸。1階は間仕切りや扉を設けず、ワンフロアの伸びやかな大空間にし、2階はスムーズな生活動線と家事動線を確保。日々の暮らしがより快適かつ楽しくなるよう空間をデザインしました。内装は、漆喰と無垢材など自然を素材をふんだんに使い奥様こだわりの北欧風に。全体的に柔らかさと温かさを感じる家を目指しています。

お客様の声

「理想の住まいを叶えてくれたのは、パッシブデザインと自然素材、そしてスタッフの皆さんの優しさです」

ずっとマンション暮らしでワンフロアの生活に慣れていたので、2階の戸建てになると家族の距離が生まれ顔が見えなくなるのが心配でした。そこで、ベルハウスさんにお願いしたのが、いつでも家族の気配が感じられる開放的でオープンな家にすること。育ち盛りの子どもたちを安心して見守れる住まいが希望でした。そんな明るくて温かい住まいづくりに向けて、ベルハウスさんが提案してくれたのが「パッシブデザイン」。南側に大開口を設け太陽光をたっぷりと採り入れながらも、夏場には影になるよう庇やバルコニーの深さを計算。その巧みのデザインと技術、そして呼吸する自然素材によって、1年を通して心地よく過ごせています。夏はウッドデッキでBBQ、冬はリビングで日向ぼっこするのが楽しみ。家族の生活に寄り添い、親身になって考えてくれたスタッフの皆さんに感謝の気持ちで一杯です。

物件情報

・施工社名 株式会社ベルハウス
・敷地面積 223.24㎡
・延床面積 147.55㎡(1階 70.54㎡/2階 77.01㎡)
・構造・構法 木造
・竣工 2017年12月
・施工期間 4ヵ月

その他の新築施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。