大阪府/高槻市

株式会社小林工務店

注文住宅

T邸|91.66㎡|ご夫婦+お子様2人

子どもたちの笑顔に癒やされる、光あふれるウッドデッキのある住まい – T邸

  • 吹き抜け階段とウッドデッキに続く大開口から、明るい光が降り注ぐ開放的なLDK。床は柔らかな無垢のパイン材だから、1年中裸足でOK。夏はサラリと心地よく、冬はあたたか。

  • しっとりとした和のテイストと、優しい木の表情が調和するT邸。耐火性能のある木目調のサイディングと吹きつけ塗装で仕上げ、落ち着きがありながらも圧倒的な存在感を放つ。

  • 限られた広さと敷地の特徴を最大限に活かし、通りから奥まった東側に玄関アプローチを兼ねたウッドデッキを設置。木の外壁でプラバシーを守り、安心して過ごせる解放空間に。

  • 空間のあちらこちらに飾られた小物や雑貨は、すべて奥様が集めたもの。それぞれに個性的な表情をみせながら、シンプルな空間のなかで全てが調和している。

  • ガラス作家のペンダントライトがお洒落なアクセントになっているキッチンダイニング。リビング全体とウッドデッキを見渡せるから、子どもたちを見守りながら料理ができる。

  • 無垢材の優しい風合いに合わせたオリジナルキッチン。背面の食器棚は、奥様が結婚当時に購入した想い出の品。上下に分解して天板を設置し、お洒落で使い勝手の良いカウンターに。

  • 階段下のデッドスペースを活用して、木のカウンターを造作しちょっとした奥様のワークコーナーに。玄関ホールにつながる室内窓が可愛い。

  • 2階の子供部屋は広々と過ごせるよう、あえて天井板は設けず高さを生み出してのびやかに。屋根の三角が可愛らしい雰囲気を演出している。

  • 玄関ホールの一角に設けた手洗いコーナー。白い漆喰の壁に、シックな色合いのタイルと陶器のボウルがアクセントに。外出から戻ったら、まずここで手洗いできるから便利。

成長していく子どもたちのために、新築を決意したTさんご夫婦。家づくりにあたって、一番こだわったのがウッドデッキとつながる明るく開放的なリビング空間だ。以前の住まいは暗くて狭い独立型キッチンで「一人閉じこもって黙々と作業するのがつまらなくて、新しい家では子どもたちの様子を見守りながら大好きな料理がしたい」と奥様。T邸の敷地は南側の道路、東側に小さな川が流れる角地。ウッドデッキを南側に配した案や中庭のようにコの字型に囲む案など、同社の設計士と一緒に何度もプランを練り直し、最終的には通りから奥まった東側にアプローチ兼ウッドデッキを配置し、奥様のこだわりを叶えながらも、プライバシーと居住空間の広さを確保した。また、奥様が趣味で集めた照明や小物、インテリアと調和し、それぞれの個性を引き立てるよう空間をデザイン。住む人のセンスやスタイルが感じられる、表情豊かな住まいが誕生した。

【 スタッフからのコメント 】

Array

二級建築士

江藤 雅子さん

「こんなお家にしたい、こんな風に暮らしたい」と、新しい住まいについて明確なイメージをお持ちだったTさんご夫婦。イメージを一つひとつ具体的なデザインに落とし込み対話を重ねることで、お二人の想いから外れず、しっかりとカタチにできるよう進めていきました。イメージが明確なぶん、こちらからアイデアを出したりご提案するのもやりやすかったですし、ご家族と一緒に理想のカタチを追求していく作業はとても楽しかったですね。ウッドデッキの位置は本当に悩みましたが、試行錯誤を重ねた分、納得の仕上がりになりました。

お客様の声

「イメージ通りのデザインと、想像以上の住み心地に大満足」

最大のテーマだったウッドデッキはもちろん、「こんな風にしたい」「あんなことしたい」というこちらの要望に一つひとつ丁寧に応えてくれて、プロの目線からより良いアイデアを提案してくれた江藤さん。漠然としたイメージから実際にパース図を描き具体的に示しながら説明してくれたので、描いていたイメージ通りの住まいが完成。そして、実際に暮らしてみると、目には見えない部分での細かやかな心遣いやプロならではの配慮が感じられ、思っていた以上に快適です。どのコーナーも素敵ですが、やっぱり家族のお気に入りはウッドデッキ。外からの視線を感じないので、ご飯を食べたりゴロンと寝転がったり、いろいろな過ごし方ができて大満足です。

物件情報

・施工社名 株式会社小林工務店
・延床面積 91.66㎡
・竣工 2017年9月
・施工期間 約4ヶ月

その他の施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。