大阪府/城東区

es ARCHITECT株式会社

注文住宅

K邸|152.15㎡|夫婦+子ども2人

かっこよさとナチュラルが同居する、大人のヴィンテージスタイル – K邸

  • 建具やクロスの一つひとつにこだわり、「好き」が詰まった家づくりを叶えたK様ご夫婦。紺や黒の色使い、木の素材感を工夫して、ヴィンテージ感や遊び心を感じるスタイルに。

  • 建具やクロスの一つひとつにこだわり、「好き」が詰まった家づくりを叶えたK様ご夫婦。紺や黒の色使い、木の素材感を工夫して、ヴィンテージ感や遊び心を感じるスタイルに。

  • シューズクロークには、見せるものと見せないものを区別して収納。アメリカンでカジュアルな収納ボックスを使うことで、来客に自慢したくなる、おしゃれな玄関が完成。

  • 1階には、壁やデスクの素材感にこだわった、ブルックリンスタイルの書斎。光を取り込みながらも集中を妨げない位置に窓を設けて、落ち着いて仕事ができる空間に。

  • リビングを見渡すことができる、対面キッチン。カウンターには、収納しながらディスプレイも楽しめるニッチを設けた。

  • キッチンからパントリー、洗面スペース、LDKへと回遊できるスムーズな生活動線。キッチンには、レトロなペンダントライトやインダストリアルな掛け時計をチョイス。

  • 片流れ屋根を採用したおしゃれな外観。白とブラウンで塗り分け、シンプルながらも個性が光る。大きな開口部からリビングに光を取り入れつつも、木格子がプライバシーをしっかり確保。

  • ブラウンに塗り分けた外壁。マットな質感がスタイリッシュ。しっかりと採光を計算して設計しているので、窓の数が少なくても室内には明るい光がたっぷりと取り込まれている。

「たくさんの種類から、建具やクロスを選んでいる時間が楽しかったです」と話すK様。壁や床の色、素材の質感を選び抜いて、かっこよさとナチュラル感が同居する家を建てられた。空間のデザインもお気に入り。建具の高さや造作収納の幅などあらゆる部分を計算し尽くした同社の設計に、K様夫婦も「完璧なバランス」と絶賛。
家事動線もスムーズ。2階リビングに合わせて、キッチンや洗面所、お風呂などの水まわりも2階に集約し、洗濯室からバルコニーへの動線を最短距離になるよう設計した。リビングは、木目でアクセントをつけた勾配天井に。キッチンやダイニングと高さに変化をつけて空間をゾーニングすることで、くつろぎの時間を演出でき、生活にもメリハリが生まれる。
「私たちの好みを分かってくれる設計士さんとの打ち合わせの時間が充実していて、家が完成したときは、うれしい反面、寂しさもあったくらい。そんな楽しい家づくりができたことが、幸せです」。

【 スタッフからのコメント 】

Array

代表取締役

山本 優一さん

素材の色や質感にこだわりをお持ちだったK様。壁や天井は色・素材を切り替えることでメリハリのある空間になるよう、ご提案しました。また、「収納をしっかり確保すること」「水まわりを集約して家事動線をスムーズにすること」なども家づくりの重要なポイントでした。暮らしにゆとりをもたらす設計でご夫婦のライフスタイルにぴったりの家が完成しました。

物件情報

・施工社名 es ARCHITECT株式会社
・敷地面積 150.49㎡
・延床面積 152.15㎡
・構造・構法 木造
・竣工 2019年3月
・施工期間 約5ヵ月

その他の新築施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。