大阪府/高槻市

株式会社小林工務店

戸建てリノベーション

モダンなデザインの中に、旧家の面影を楽しむ家 – S邸

  • 天井と壁を取り払い、二間をつなげて開放的なリビングへと再生。ツヤのあるどっしりとした梁と、高い吹き抜けが圧巻。

  • 吹き抜け上に新しく取り付けたハイサイドライトからの光が行き届く、明るく広々としたリビング。奥には、屋根裏部屋へと続く収納一体型の階段。機能的なだけでなく、アイアン手すりや階段のスクエア収納がインテリアとしても美しい。

  • 青空がのぞく天窓から、自然光がたっぷりと採りこまれる子ども部屋。リビングと接する壁に取り付けたチェッカーガラスの窓から、家族の息づかいを感じる。

  • 解体時にご家族も知らなかったという天井裏への隠し扉を発見し、屋根裏部屋を増設。十分な高さがあるので、子どものプレイルームとしても活躍している。

  • かまどがあった名残で、煙を出しやすくするために少し斜めになった壁はそのまま再生。旧家の雰囲気を残しながら、明るい吹き抜けの応接室に。

  • キッチンカウンターには暖色の六角形タイルを。向かいの応接室からキッチンへと一直線で抜ける視線に、明るくあたたかい印象を与える。

  • モザイクタイルがシンプルな洗面ボウルに映える、清潔感のある洗面スペース。青と白の割合を細かく計算し、バランスよく配置。

Sさんのお住まいは築二百年以上の歴史を持つ平屋建ての旧家。「暖かく、明るい家にしたい」という家族の要望を受けてリノベーションを決意し、和風建築、伝統構法を得意する同社をパートナーに選んだ。古い家の悩みは、何といっても暗くて狭いこと。まず、床の基礎を作り直し、壁に断熱材を入れて、地震や気温変化への不安を解消。床暖房を設置し、床材には保温効果のある無垢材を使用した。また、壁には調湿効果や消臭効果のある漆喰を選択。明かり取りの窓との相乗効果で通気性を高め、清らかな空気が24時間循環する空間をつくりだした。こうした快適な住まいの中にも、旧家の歴史を物語る面影は大切に残しているのが、今回のリノベーションの大きな特徴となっている。現在は製造されていない珍しいガラスが入った建具を随所に利用したり、照明や細部のデザインも古材と調和するよう工夫。江戸時代からの家屋が現代のデザインに見事に融合し、味わい深い趣を醸し出す。

【 スタッフからのコメント 】

Array

二級建築士

江藤 雅子さん

日本の伝統的な家づくりを継承しながらも、現代の暮らしに合った機能的で快適な住空間を追求しました。当社には古民家に関する豊かな知識とノウハウを持つ熟練の大工もおり、難しい工事案件も数多く手掛けてきた実績があります。今回のリノベーションでは築二百年という歴史と伝統の良さをいかに残しつつ、今のライフスタイルにあった空間に生まれ変わらせるかが大きなテーマ。現在の構法と異なる部分も多く一筋縄ではいかないことも多いですが、その分やりがいも大きく、楽しく仕事をさせていただきました。

お客様の声

「古民家再生のプロフェッショナルの素晴らしい仕事に、家族一同大感激!」

江戸時代から続く我が家は、伝統建築の良さや趣はあるものの暗くて狭いのが難点。リノベーションを行う上では、心地よく快適にしたかったのはもちろんですが、古き良き面影も残したいというのが家族の想いでした。それにしっかりと応えてくれたのが、古民家再生で多くの実績を持つ小林工務店さん。耐震性や断熱性など、家の土台からしっかりと調べ、これからも長く安心して暮らせる住宅性能をつくりあげてくれました。さらに、昔ながらの建具や古い梁や柱を上手に再利用しながら、その魅力を最大限に引き出す工夫も。表面には見えない隠れた部分にもさまざまな工夫や提案があり、本当に任せて良かった!と実感。古さと新しさが調和する素敵な住まいになり、家族一同大感激です。

物件情報

・施工社名 株式会社小林工務店
・竣工 2015年11月
・施工期間 約8ヶ月

その他の新築施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。