大阪府/高槻市

株式会社小林工務店

戸建てリノベーション

子どもの成長に合わせ2階の間取りを一新、ライフスタイルと共に進化する住空間 – N邸

  • 廊下を兼ねたフリースペースには、壁面を利用したオリジナル造作本棚を設けオシャレなカフェの雰囲気に。LDKや子ども部屋ともつながり、家族みんなが自由に使えるくつろぎコーナーになっている。

  • 子ども部屋ロフトの床にあたる天井は、mm単位までサイズを計算した格子で強度とデザイン性の両面を追求。緻密なこだわりと技が、シンプルな空間に味わい深い表情を生み出す。

  • 階段を上がりきった位置にある格子の飾り壁。

  • 隣同士並ぶ二つの子ども部屋。ドアと壁を敢えて白にして、圧迫感を解消。ドアを開け放てばフリースペースともつながるので、さらに空間に広がりが。

  • 階段側に面した子ども部屋には、室内窓を設置。ホールの窓から光と風を取り込めるので、圧迫感や狭さを解消しながら心地よい空間に。

  • 上下に空間を広げるロフトは、可動式の階段で移動。下は勉強スペース上は寝室スペースと使い分けることで、小さな空間ながら十分な広さを実感。

  • 「もう一部屋」と言ってもいいほど、広々としたロフトスペース。もともとあった小窓からロフトへ光を取り入れ、明るさはしっかり確保。

  • 天井と壁を漆喰、床を無垢で仕上げた広々と快適なLDK。小窓の下にモザイクタイルをあしらって、シンプルな空間にデザイン性をプラス。天井を高くし、もともとある梁を生かすことで、個性的な表情を生み出している。

  • ホールの一角にあるトイレの手洗いコーナー。天井まであった袖壁を一部木格子にすることで空間が広がり、光も奥まで届くように。

木造2階建てのN邸は、1階にご両親、2階にNさんご夫婦と二人の子どもが暮らす2世帯住宅。「自分の部屋が欲しい」という子どもたちの要望を受け、子世帯ゾーンである2階をリノベーションすることになった。しかし、「家族が集まるリビングは十分な広さを確保したい」というのがご夫婦の絶対に譲れない条件。そのうえで子ども部屋を2部屋つくるのは物理的に無理がある。「やはり無理か……」とあきらめかけていたところに、発想の転換で問題を解決したのが小林工務店だったそう。通常なら洋室を二分し子ども部屋にするだけになりがちだが、間口をぐっとコンパクトにしてロフトを設置し、上下に広がりを確保するというのが同社の提案。さらに、洋室の一部とホール、LDKをつなげ、新たな空間の広がりを生み出した。「同じ広さとは思えないほどの開放感。家で過ごす時間が楽しくなりました」と笑顔がこぼれる。

【 スタッフからのコメント 】

Array

二級建築士

江藤 雅子さん

間取りプランを考える際、図面を描くうえでどうしても平面的になりがちで、限られた広さの中だけで物事を捉えてしまいます。しかし空間は本来3次元的なもの。平面ではなく立体的に捉え直し、空間を上下に広げるという発想の転換を行いました。ひとつの洋室を2分することで間口が狭くなりますが、ロフトによって上部にもスペースをつくることで圧迫感を解消。また、フリースペースはLDKともゆるやかにつなげることで、実際の面積よりも伸びやかな広がりを感じるよう設計しました。

お客様の声

「関わってくださったスタッフみなさんに感謝の気持ちで一杯です」

もともとのLDKも十分に広いわけではなく、子どもたちがそれぞれの部屋が欲しいと言った時、正直どうすれば良いのかほとほと困っていました。いくつかの会社に相談しても、良い案が出なくて……。小林工務店さんからロフトとフリースペースのアイデアを見せられた時、「これだ!」と即決しましたね。ずっと家族の課題だった、子どもたちの個室と広いリビングを実現できただけでなく、造作の建具や家具で洗練された和モダンな空間に。「お気に入りの北欧雑貨やアンティーク雑貨が似合う」と妻も大喜びです。斬新なアイデアで問題を解決してくれた設計士さんや丁寧な仕事で上質な空間に仕上げてくれた大工さんたちのおかげ。小林工務店さんだからこそ、満足のいく住まいになりました

物件情報

・施工社名 株式会社小林工務店
・竣工 2015年7月
・施工期間 約2ヶ月

その他の施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。