大阪府/高槻市

株式会社小林工務店

戸建てリノベーション

ワンフロアにまとめた住空間で毎日の暮らしを心地よく – K邸

  • 床には無垢の杉、壁には調湿・消臭効果のある天然のシラス壁を使った快適空間。窓から臨む見事な眺望を楽しみながらゆったりとくつろぐひとときが、ご夫婦の暮らしをより豊かなものに。

  • 薪ストーブの床には、耐熱性、蓄熱性のある御影石を使用。機能性はもちろん、美しい風合いが空間にアクセントを添える。

  • 位置を変えフラットな動線を実現した玄関アプローチ。ウッドデッキの渡し橋が庭の緑とマッチし、住まいに豊かな表情を生み出している。

  • これが玄関アプローチの全体像。2階に玄関を持ってくるために、この渡し橋を造作。匠の技があってこそ実現できる工夫だ。

  • リビングの隣にある奥様の寝室。ベッド代わりの小上がりの畳コーナーは、下を空けて座卓を収納するスペースに。来客時には隣のリビングまで簡単に運べる工夫も。

  • 2階ワンフロアで暮らしを完結できるようバスルームも設置。景色を眺めながら入浴できるだけでなく、バツグンの風通しで湿気対策にもgood!

  • キッチンカウンターには、本棚を埋め込んでちょっとした飾り棚に。跳ね上げ式の天板は、限られたスペースを広く有効に使うアイデア。

  • 壁面を利用したニッチコーナーは、空間のアクセントに。花を飾ったり小物を置いて暮らしを楽しむスペースとして活用。

  • リビングを見渡す位置に設けたオープンキッチン。「テレビを観たり、窓の景色を眺めたり、家事が楽しくなった」と奥様。

見晴らしバツグンの高台に建つK邸は、築57年の3階建て。お子さんが自立しご夫婦二人暮らしになったのをきっかけに、今のライフスタイルに合うよう2階部分のリノベーションを決意。シティライフ本誌の企画「誌上リフォーム」で小林工務店と出会った。今回のリノベーションでご夫婦が叶えたかったのは、暮らしの場を眺望の良い2階にまとめ、無駄や無理のない快適な生活動線を確保すること。もともとK邸の敷地は段差のある土地で、道路から玄関まで階段を使って上り下りが必要だった。そこで、以前とは玄関の位置を変え、ウッドデッキの橋をかけて問題を解消。暮らしの場となる2階を余計な間仕切りをなくしフラットにすることで、コンパクトながらゆとりを感じる快適な空間に仕上げた。スッキリとしたシンプルな空間には、快適に暮らすためのアイデアがいっぱい。「打合せを重ね、何度も図面を引き直してくれたおかげで納得できる住まいになった」と、大満足のご夫婦だ。

【 スタッフからのコメント 】

Array

二級建築士

江藤 雅子さん

お子さんが自立し、のんびりと二人暮らしを満喫するK様ご夫婦。少しでも快適に過ごしていただけるよう、素材選びや開口部の位置などにも細心の注意を払いました。まず、厳しい冬の寒さに対しては、住まいの中心になるリビングには薪ストーブを設置。床は足触りが良く温もりのある無垢の杉板を敷き詰め、冬は裸足でも温かく夏はサラリと心地よい環境を実現。また、東西に風が通る立地に合わせた開口部で風通しを良くし、夏でもエアコン不要なほど涼しい部屋にしました。

お客様の声

「ライフスタイルにぴったりのプランに一目惚れ」

数ある会社の中から家づくりのパートナーとして小林工務店さんを選んだのは、提案してくれたプランの内容が私たちのライフスタイルにとって一番ぴったりだと感じたからです。玄関の位置を変えることで会談の上り下りを解消してくれたこともそうですね、何より気に入ったのが窓からの素晴らしい眺望を最大限に活かす、スッキリとしたシンプルな空間デザイン。余計な間仕切りもなくフラットなので、移動も楽で家事もスムーズです。また、床に敷いた無垢の杉も心地よくて、寒い冬でも素足のほうが心地よいほどです。そのほか、収納を兼ねた小上がりの畳コーナーや本棚を埋め込んだキッチンカウンターなど、匠の技で造る造作も素敵。いろんなところに暮らしを快適にしてくれるアイデアを感じますね。

物件情報

・施工社名 株式会社小林工務店
・竣工 2014年12月
・施工期間 約5ヶ月

その他の施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。