大阪府/

OCTAVE(オクターブ)

戸建てリノベーション

N邸|138.40㎡|夫婦+お子様1人

見晴らしの良いロケーションを生かして、家具や雑貨が映える西海岸風の家に – N 邸

  • ウッドデッキに面した、開放的なLDK。アメカジ好きなご主人が、照明や家具、雑貨を自らコーディネート。広々とした空間を、自分好みにアレンジして暮らしを楽しんでいる。

  • 大きな窓から見晴らしの良い眺めを楽しむご夫婦。広々としたLDKと、ウッドデッキ越しに街を一望できるロケーションは、まるで西海岸に建つ家のよう。

  • 反射光が入り、やわらかな明るさに満ちたリビングは、ご夫婦がいつもくつろぐお気に入りの空間。ブルーグレーのドアと、使い古した雰囲気の板張りの壁が、空間を引き締める。

  • 元は和室だった場所がキッチンに。エイジング感のある板張りのカウンターとタイルの質感が、レトロな照明と調和している。さわやかなタイルの色は、観葉植物の色合いとも見事にマッチ。

  • 眺望を生かすために、壁を抜いて大きな窓に。リビングへ通じるドアも設けて、回遊性のある間取りになった。先入観をなくし、ダイナミックに間取りを変更できるのがリノベーションの醍醐味。

  • もともとあった木製の格子ドアを、ご主人好みの色に塗り替えて再生。ダイニングは、壁を抜いてリビングとつなげたことで、遠くまで目線が抜けて実際の面積以上の広がりを感じられるようになった。

  • 大きなデザイナーズ家具が映える玄関。お気に入りの手ぬぐいも、まるで絵画のようにディスプレイしている。土間の奥にはシューズクロークを備え、ご主人が大好きなスニーカーや、奥様のご要望でベビーカーもすっきりと収納。

  • 玄関ホールの照明は、物件にもともとあった古いシャンデリアをオリジナルでリメイクしたもの。玉がむき出しの明るいランプに変更したことで、もとの暗い印象がなくなり、おしゃれでモダンな雰囲気になった。

Nさん夫婦が一番にこだわったのはロケーション。「景色がよくて広々とした家に住みたい」と、物件探しからリノベーションまで任せられるオクターブに相談した。一級建築士の濱野さんと一緒に何軒もまわって見つけたのは、見晴らしの良い高台に建つ広い一軒家。街と山並みが見える窓からの眺望に、こだわりの強いNさんも大満足だ。
中古住宅とはいえ、質の良い部材を使って建てられた物件。まだ使えそうな部材は解体前に「生けどり」に。今では高価な木製の格子ドアをご主人好みにリメイクするなど、もともとのポテンシャルも生かされている。
1階は大胆に壁を抜き、開けた眺望を楽しめるのびやかなLDKへと生まれ変わった。また、壁を抜いたことで玄関からリビング、ダイニングの間に回遊動線が生まれて、使い勝手が向上し、家事も楽になった。内装は、エイジングを感じさせる板張りの壁やタイル、ブルーのドアなどを部分使いして西海岸風に。ご主人が好きな雑貨やアート、デザイナーズ家具が似合う空間が実現した。

【 スタッフからのコメント 】

Array

一級建築士

宅地建物取引士

濱野 哲夫さん

見晴らしのよい立地にこだわりがあったNさんご夫婦。物件探しでは、お家はもちろん、お二人に「ここだ!」と直感していただけるようなロケーションを重視しました。もちろん、お二人がリクエストされているリノベーションをその家で実現できることも大前提。家具や雑貨が好きなおしゃれな方なので、リノベーションへのやる気が出る物件をご提案し、お気に入りのモノがマッチングする間取りや素材でプランを組み立てました。

お客様の声

最初から最後まで寄り添ってくれるから安心。楽しく家づくりができました

OCTAVEさんに決めたのは、私たちの好みやイメージをしっかり汲み取ってくれたから。頭の中にあるイメージを、具体的に形にして提案をしてくれることがうれしかったです。また、物件探しや売主とのやりとり、住宅ローンの手続きなど、最初から最後までオクターブさんが窓口になってくれるという安心感も、決め手の一つ。私たち施主のことを第一に考えてやりとりしてくれるので、信頼して任せられました。 濱野さんの誠実な人柄も、安心できる要素の一つですね。打ち合わせでも分かりやすく丁寧に説明してくれて、何の不安も感じることなく進めてくれました。完成までは10ヶ月ほど。忙しい日々でしたが、今思えばとても楽しい時間でした。

物件情報

・施工社名 OCTAVE
・敷地面積 183.50㎡
・延床面積 138.40㎡
・構造・構法 木造2×4

その他の新築施工例

この会社に資料請求・お問い合わせがありましたら
資料請求・お問い合わせフォームをご利用ください。

履歴

    履歴がまだありません。